実証レポート

E. 空港の業務効率向上やサービス向上の実現のための警備・災害・移動対応等ロボットの実証
フィールド概要

実証フィールド
提供者
日本空港ビルデング株式会社
実証フィールド
特徴
羽田空港では、 日本空港ビルデングがHaneda Robotics Lab (以下、 HRL) を開設し、 2016 年度より一部の空港業務をロボット活用により代替する実証実験および試験導入に取り組んでいます。羽田空港には、 HRL の経験からロボット活用の検証の場としてのノウハウがあるため、共同での実証実験を想定しています。
また、実証活動の周知についても東京都の玄関口である羽田空港は、ロボット技術をはじめ先端技術の活用の姿を国内外にPR することができるフィールドです。
また、羽田空港の国際線旅客ターミナル近くのエリアは、羽田空港跡地第1 ゾーン整備事業(第一期事業)により先端産業拠点・クールジャパン発信拠点の整備が進められており、2020 年にはまち開きを控えています。
実証概要

空港内における警備業務(巡回・立哨や不審物検出)や、これに付随する案内等の諸業務の代替など、警備員の負担軽減を実現するロボットと、避難誘導など災害時に求められる業務を実施可能なロボットを用いた実証を実施します。

レポート一覧へ戻る